HPE ProLiant DL20 Gen9 サーバに Centos 6.7 をインストールする手順メモ

ここでは、HPE ProLiant DL20 Gen9 サーバに Centos 6.7 をインストールする手順をメモっておきます。

結構ハマりました。どのようにはまったかについては、次の記事を読んでください。

ngzm.hateblo.jp

なお、この記事が書かれたのは、2016年7月上旬です。数か月もすれば、状況が異なってくると思いますのでご注意ください。


BIOSで「Virtual Install Disk」を有効にする

1) マシンを起動し、F9キーでBIOS設定画面を表示させる。

2) システム構成を選んで、

f:id:ngzm:20160709193158j:plain

3) BIOS/プラットフォーム構成へ

f:id:ngzm:20160709193159j:plain

4) システムオプション

f:id:ngzm:20160709193200j:plain

5) USBオプションを選択

f:id:ngzm:20160709193201j:plain

6) そうすると、仮想インストールディスク(Virtual Install Disk)の設定があるので、それを有効にする

f:id:ngzm:20160709193202j:plain

7) BIOS 設定を保存して、マシンを再起動します


Centos 6.7 をインストール

1) 普通にDVDメディアからブートします

f:id:ngzm:20160709193203j:plain

2) インストーラが起動する。

f:id:ngzm:20160709193152j:plain

3) 言語(ロケール)を選択

f:id:ngzm:20160709193150j:plain

4) キーボードタイプを選択

f:id:ngzm:20160709193151j:plain

5) このあたりで必要なドライバがないと言ってくるので「Use a driver disk」を選択

f:id:ngzm:20160709193153j:plain

6) Driver Diskの選択で「/dev/sda1」が出ているはず!なのでこれを選択

f:id:ngzm:20160709193154j:plain

7) 続いてDriver Image を選択する必要があるようなので「Linux」をクリック

f:id:ngzm:20160709193204j:plain

8) さらに「Red Hat Linux」を選ぶ

f:id:ngzm:20160709193155j:plain

9) ドライバの種類を選択。
DL20Gen9は、Dinamic Smart Array なので、「hpdsa」のものを選択すること

f:id:ngzm:20160709193156j:plain

この後ドライバのチェックが走る。
この瞬間やや緊張が走るが、無事ドライバを認識できればもう大丈夫!!

10) Centosインストールメディアをチェックするかどうかの確認
今回は、特に必要ないのでスキップ

f:id:ngzm:20160709193157j:plain

11) そうすると、普通にCentosのインストールが始まる

f:id:ngzm:20160709193205j:plain

あとは通常通りインストールを行えばOKのはず!!

以上、参考になれば幸いです。